遠距離 冷めた サイン

遠距離 冷めた サイン〜ハッキリしている捉え方

遠距離 冷めた サイン

遠距離 冷めた サイン

「遠距離の冷めたサインはハッキリしている…。」

 

遠距離している相手の冷めたサインは私も経験があるんです。

 

正直、こんな気持ちになりました。

 

”こっちを振り回すだけ振り回しておいてそれですか”

 

って、遠距離の冷めたサインを感じた時は、それが率直な気持ちでした。

 

電話やメール、lineが冷たくなっていくのが分かるんですよね。

 

適当に返してるというか、トドメに既読無視とか、
返信ナシとか、今となっては人生の貴重な経験になりましたけど。

 

だって、こうして書いてあなたに知ってもらうことができるんですから。

 

今となっては、あれはもしかして夢だったのかと思うくらい、
遠距離なので会った回数は数えられるくらいで、そのうちの数日は、
信じられないくらい幸せな日だったんです。

 

「遠距離の冷めたサインに気づいた」

 

あなたもそんな悩みを抱えている人の一人ではないでしょうか?

 

遠距離 別れた方がいい

遠距離恋愛中の相手から冷めたサインを感じて、正直苦しんでいると思いますが、
私は遠距離は辛いから別れた方がいいなんて、みじんも思わないんです。

 

実際、遠距離恋愛を2年くらい続けて結婚した友人もいますし、
私はそうはなりませんでしたが、普段会えない分、会えた時の幸福感は、
普通の恋愛とは比べ物にならないほどの幸福感じゃないでしょうか。

 

でも、相手のところに会いに行った場合、帰らなければいけない時の寂しさとか、
その分、辛さや寂しさも大きので、普通の恋愛より大変と言えば大変ですよね。

 

それでも、たとえ遠距離の相手から冷めたサインを突き付けられても、
縁があればまた元に戻りますし、結婚に繋がる場合もありますから、
あなた自身の想いに従い、大事にしたほうがいいのではないでしょうか。

 

1、付き合ってる実感がない遠距離

遠距離で揉めて冷めたサインを感じる背景には、
相手の言動などに対して自分自身、冷静ではなくなっている部分もあるはず。

 

「付き合ってる実感がない遠距離」

 

って言うのが本音なので、いつも好きな人と一緒にいられる周りの友達とか、
知り合いとかを見ると、本当に、

 

”どうして自分は”

 

って苦しくなりますよね。

 

ただ、これは人によって違うことがあるのでなんとも言えませんが、
遠距離で冷めた態度やサインを感じたりしても、結婚までカップルを見ていると、

 

”何が何でも離れない感”

 

が第三者側にも伝わってくるんですよね。

 

みんながそうではないにしろ、たとえケンカして嫌な思いしたとしても、

 

”この人しかいない”

 

みたいな覚悟があるんでしょうね、遠距離の相手の冷めたサインに動じない方が、
私のように振り回されてイライラしてしまう人より、恋愛成就しやすいのではと思いました。

 

そうなると、遠距離の冷めたサインの捉え方も大事になってきますね。

 

2、遠距離 冷めた 後悔

遠距離の相手の冷めたサインの対応に後悔したくない他の人が
どんな方法で遠距離を前向きに捉えることができたのかを気になって探してみたところ、
これなら着実に一歩一歩進めていける、
具体的な事例をあげているので、遠距離の冷めたサインに悩む場合、
自分で実践する時にも役に立つはずです。

 

これを見れば遠距離の冷めたサインの悩みもラクなのではないでしょうか。

 

 

page top